スポンサーサイト

  • 2016.05.18 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ひろしま Strings of Time ― 石内 都 写真展

    • 2008.08.01 Friday
    • 19:06
    JUGEMテーマ:地域/ローカル



     広島市現代美術館で開催されている石内都写真展「ひろしま Strings of Time」を見に行った。私の愛蔵している本の群れの中の1冊に、1993年に発行された石内都の『モノクローム』がある。1977年の「絶唱・横須賀ストーリー」から始まって、1991年の「MEN」までのすべてモノクロームの写真ばかりと、彼女自身のエッセイからなるこの書を手にして以来、私はすっかり石内都という写真家のファンになった。まるで哲学書かと思われるほど、この書には心の奥底に届く多くの言葉が散りばめられている。
      7月半ば、友人と一緒に大阪の国立国際美術館にモディリアーニ展を見に行き、そこで偶々併設展示されている石内都の「キズアト」の写真を見ることが出来た。そして「ひろしま」の写真展のことを知った。
     新幹線ののぞみに乗ると広島は思ったよりもとても近かった。広島市現代美術館のある比治山からは眼下に広島の街を望むことができる。
     展覧会は三つに分かれていて、まず石内都の「ひろしま」展、「Dome」展、ドーム:そのモニュメントをめぐるアーティストの試みと副題が付けられている。そしてもう一つは「ヒロシマ モナムール」、広島現代美術館のコレクション展である。

     
     広島市現代美術館 http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/index.html
        (リンクの欄にも書いています。)

     「ひろしま Strings of Time」は広島平和記念資料館に保存されている1万9千点の資料=「モノ」の中から石内が選んで写真に写したものである。パンフレットには彼女の言葉が書かれているが、その短い文には「夏の装い」というタイトルが付けられている。
     この展示ではほとんどがカラープリントである。彼女自身も言っているように、鮮やかな「夏の装い」を目の辺りにして、思わず「息をのむ。」何という美しさだろう。これらの愛らしく繊細なワンピースやブラウス、スーツなどが、未だ戦争が終わっていない、しかも終戦間近の朝に身に付けられていたということにも、意外さと不思議さを覚える。戦時下の緊急時にもなお、日々の生活をいとおしむ女性たち。少女を慈しむ母たちの心や視線さえもこの「モノ」たちは見るものに語りかける。

     肩の辺りが千切れてしまったジョーゼットの半袖ワンピースの布の襞や皺のひとつひとつに、作者の視線を感じる。赤いチェックのパフスリーブのワンピースは、斜め半分が黒く焼けている。青空色の地色に白と赤の丸紋のなかに黒の木版で描かれた一輪ずつの小さな花。シャツカラーの襟元には真っ赤な丸い玉の小さなボタンが輝いている。朝起きてこの服に手を通す時に、どんなに楽しく今日の一日を思ったことだろう。そしてやはりジョーゼットの水玉のワンピース。一瞬、風を受けてひらひらと裾を翻しながら歩いて行く女性の白い手、足、たおやかな項を見たように思った。 
     胸に迫って来るのは悲惨さよりも愛しさである。同時に手作りのあたたかさである。 この服を着ていた生身のひとたちのいのち。輝かしい日々。そして一瞬にして消えたそのいのちの歓びの光。
     これらの物言わぬ「モノ」たちを目前にして、今更ながら言葉の無力さを思った。
     

    山の手帳

    • 2007.11.26 Monday
    • 18:31
    JUGEMテーマ:アート・デザイン


      三宮でギャラリータピエスという画廊を経営していらっしゃる塚田清さんが、長年の登山歴の中で撮りためた山の写真の展覧会を開催中である。私は先週の木曜日(22日)に訪れた。ご案内を頂く前に絵葉書と写真集を同時に出版されて送ってきて下さったのだが、雪に包まれていたり、花が咲き乱れていたり、あるいは雲海の中に聳えていたり、さまざまな山の表情が写されている。(塚田清写真展「山の手帳」11月30日まで。神戸市中央区琴の緒町4−7−7 アートギャラリータピエス TEL.078−252−1808)

      ちょうど詩誌「惟」に空海を巡る旅の連載を書いていて、山の専門家に伺ってみようと思い、四国の石鎚山のことを聞いてみた。ただ何となくどんな山かを聞いたつもりだったのだが、話しているうちに雲行きが怪しくなってきて、「絶対に登らないと!」と発破をかけられる始末になった。「無理ですよ。登れないと思います。」と言っても、塚田さんには通じない。「まず近所の低い山から始めなさい。最初から頂上まで登らなくてもいいから、行けるところまで行って、今日はこれ以上は無理と思ったら、引き返せばいい。ただ毎日続けることですね。」そう忠告されたものの、まだ決心がつかず、山歩きの第一歩を踏み出せないでいる。

       その代りという訳ではないが、ネットで石鎚山と須磨アルプスを調べてみた。石鎚山は四季折々の風景や、生き物の写真が美しく、心惹かれるものがある。本当に気候がいい時に時間をかけてゆっくり歩くのなら行けるかもしれないという気持ちと、無理無理!という声とが交互に私の中で現れたり消えたりしている。私の住んでいる家のすぐ裏山に登ると、そこから須磨アルプスへの道へ出られるので、そこから始めようかと考えたりしているこの頃である。でも年末年始にかけてはスケジュールが詰まっていて、いずれにせよ来年の話なのだから、鬼が笑うかもしれない。(写真はすべて塚田清「山の手帳」より)

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    twitter

    月草舎からのお知らせ

    ★「惟」6号を発行致しました。購読ご希望の方は下記のメール宛、またはコメント欄に書き込んで下さい。今号より誌代は送料込みで¥700になります。 ☆「惟」は2号から5号まで少し在庫があります。ご購読をご希望の方はこのブログのコメントに記入して下さるか、メールmcshinok@gmail.comにご連絡下さい。誌代は送料込みで¥600です。ご希望の方には創刊号のコピーをお送り致します。 (メールでご連絡致します郵便口座あるいは住所に、振込または代金相当の切手でお願い致します。) ☆月草舎の本☆『風の芍薬(ピオニア)』☆1200 ☆『火の滴』紫野京子詩集 ¥2100 ☆『夢の周辺』紫野京子エッセイ集 ¥2100☆『一行一禮』小林重樹詩集 ¥1000 ☆『言葉の覆の下で』小林重樹詩集 ¥1470  * 委託販売 ☆『遠日点』田口義弘詩集 ☆『リルケ オルフォイスへのソネット』田口義弘 恐れ入りますが、お贈りする際には、いずれも送料を負担して頂きます。

    homepage更新のお知らせ

    ☆12月7日にhomepageのLiterary worksに「惟」創刊号掲載の詩3篇をアップしました。 ☆11月29日にhomepageを更新しました。(Linkの欄の星夜光Intergrated Starlightをクリックすれば開きます。)四行詩に新たに作品を加えました。興味のある方はご覧下さい。 (表紙のENTERから入って目次の紫野京子の頁に行き、更にLiterary worksに進んで下さい。)

    辞書

    ☆〔五大ごだい〕地・水・火・風・空の五つをいう。一切の物質に偏在して、それを構成するもととみて大という。 ☆〔六大ろくだい〕仏教用語で、万物を構成する六つの要素。地・水・火・風・空・識。六界。密教では法身大日如来の象徴とする。 ☆〔識しき〕仏教用語で、対象を識別する心のはたらき。感覚器官を媒介として対象を認識する。六識・八識などに分ける。 ☆〔法身ほっしん〕仏教用語で、永遠なる宇宙の理法そのものとしてとらえられた仏のあり方。

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM