スポンサーサイト

  • 2016.05.18 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    3人のグランシェフによる晩餐

    • 2011.07.07 Thursday
    • 02:30
    JUGEMテーマ:日記・一般
    Image017~00.jpg 昨夜は家人の付き合いで、あるホテルの福岡・京都・神戸のそれぞれのグランシェフが、協力し、競い合って一つのディナーコースを創り上げるという催しに参加した。「東日本応援チャリティーイベント」と銘打たれているように、素材はすべて東北産のもので、その収益もすべて被災地の応援のために寄付されるという。
     テーブルに置かれたメニューには、青森産林檎、東北産真鯛、奥入瀬ポーク、気仙沼産フカヒレ、というようにひとつひとつ説明が書かれている。味付けも仙台味噌などが用いられているという。
     グラニテ(食間のシャーベット)も山形産の山葡萄、デザートも宮城県産マスカルポーネとずんだ飴、南部せんべ風焼き菓子と書かれていた。
    上の写真はメインの東北産和牛を焼くグランシェフ。Image020.jpg                    
     食事の合間に3人のグランシェフのお話があったり、食後に宮城県大槌町から来られた津軽三味線の奏者による被災地報告の後、伝統的な三味線の演奏を1曲、自らの作曲による現代風な演奏を2曲の実演があった。

     舞台の上には左右対称にガラスの花瓶が置かれ、大きな緑の枝が沢山無造作に投げ込まれている。よく見ると小ぶりの白い花が咲いている。多分夏椿(沙羅の花)かなと思って聞いてみるとやっぱりそうだった。
     とても好きな花なのだが、ここしばらく見たことがなかった。京都の東林院に見に行った時のことを懐かしく思い出した。ここでこの花を見ることができるなんて思いもしなかったが、鎮魂の宴にはふさわしい花である。

    スポンサーサイト

    • 2016.05.18 Wednesday
    • 02:30
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      うちもいつもは別々です。家人は今回「おかげで義理が果たせた。」と言っていました。
      • shinok
      • 2011/07/08 2:19 AM
      多分携帯の写真かな?
      それにしても夫婦揃ってということがなんと!羨ましい(と言っても元気な時の夫と私は別々の方が多かった様なきがします)
      冬の椿のネーミング方がロマンがあって好きかな〜
      • ピノコ
      • 2011/07/07 10:45 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      twitter

      月草舎からのお知らせ

      ★「惟」6号を発行致しました。購読ご希望の方は下記のメール宛、またはコメント欄に書き込んで下さい。今号より誌代は送料込みで¥700になります。 ☆「惟」は2号から5号まで少し在庫があります。ご購読をご希望の方はこのブログのコメントに記入して下さるか、メールmcshinok@gmail.comにご連絡下さい。誌代は送料込みで¥600です。ご希望の方には創刊号のコピーをお送り致します。 (メールでご連絡致します郵便口座あるいは住所に、振込または代金相当の切手でお願い致します。) ☆月草舎の本☆『風の芍薬(ピオニア)』☆1200 ☆『火の滴』紫野京子詩集 ¥2100 ☆『夢の周辺』紫野京子エッセイ集 ¥2100☆『一行一禮』小林重樹詩集 ¥1000 ☆『言葉の覆の下で』小林重樹詩集 ¥1470  * 委託販売 ☆『遠日点』田口義弘詩集 ☆『リルケ オルフォイスへのソネット』田口義弘 恐れ入りますが、お贈りする際には、いずれも送料を負担して頂きます。

      homepage更新のお知らせ

      ☆12月7日にhomepageのLiterary worksに「惟」創刊号掲載の詩3篇をアップしました。 ☆11月29日にhomepageを更新しました。(Linkの欄の星夜光Intergrated Starlightをクリックすれば開きます。)四行詩に新たに作品を加えました。興味のある方はご覧下さい。 (表紙のENTERから入って目次の紫野京子の頁に行き、更にLiterary worksに進んで下さい。)

      辞書

      ☆〔五大ごだい〕地・水・火・風・空の五つをいう。一切の物質に偏在して、それを構成するもととみて大という。 ☆〔六大ろくだい〕仏教用語で、万物を構成する六つの要素。地・水・火・風・空・識。六界。密教では法身大日如来の象徴とする。 ☆〔識しき〕仏教用語で、対象を識別する心のはたらき。感覚器官を媒介として対象を認識する。六識・八識などに分ける。 ☆〔法身ほっしん〕仏教用語で、永遠なる宇宙の理法そのものとしてとらえられた仏のあり方。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM