スポンサーサイト

  • 2016.05.18 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    山村流舞扇会と地歌『石橋(しゃっきょう)』

    • 2012.05.24 Thursday
    • 04:06
    JUGEMテーマ:芸能


      5月20日(日)、大阪の国立文楽劇場で催された山村流舞扇会を見に行った。今年は流祖・友五郎が歌舞伎の振付師であったことから、歌舞伎舞踊として伝承されたたもの、歌舞伎舞踊から影響を受けた地歌、上方唄を中心に構成されている。第一部の終盤の長唄『大原女奴』は前半はおかめの面をつけ黒木売りの独特な姿で滑稽さを表現し、後半は衣装を引き抜き、威勢のいい国入り奴となって、奔放な踊りを披露する難しいものだが、宗家の長男である山村侑がこれまで稀であった本衣装付きで見事に舞い終えた。昨年よりも幾周りも大きくなって、悠然たる舞で将来が楽しみである。第一部の最後は山村光の『閨の扇』。三代目歌右衛門が演じた七変化所作事『遅桜手爾葉七字(おそざくらてにはのななもじ)』の一曲目「仮初めの傾城」の一部が地歌に残ったものという。目が醒めるような鮮やかな「本傾城」の衣裳と、いつもながらの山村光の溜息が出るような美しい舞を堪能した。
     第二部では若徳の長唄『島の千歳』の長袴の捌きと清々しさが印象に残っている。また若峯董の長唄『松の緑』の確かな演技が見事だった。圧巻は六世宗家・山村若の地歌『石橋』である。「今回の振付は復元ではなく、現代に於いての新しい作品として」、山村若自身が振り付けたという。地歌『石橋』は後の『変化物』に通じる歌舞伎の演出の一つ「怨霊事」の遺風を留める作品だと言われている。前半は着流しで傾城の舞を、後半は「肩獅子を付け大口を穿いて能の『石橋』に近づけている。
     それにしても山村若の扇使いはいつ見ても鮮やかである。この一瞬の演技の裏にはどれほどの時と研鑽が潜んでいることだろうか。しかもそれを微塵も見せずに。以前に「自分の演技は〈技術〉だけだ。」と言われたのを聞いたことがあるが、もしそうだとしたら、それは〈能〉でいう技術に通じるものがあるような気がする。目の前の〈技術〉に集中することによって、その演技で表現する対象の本質に迫るための〈空の器〉になるからこそ、あのような華麗な演技が生まれるのであろう。
     後半の〈獅子〉は怨霊と言うよりも、傾城そのものの可愛さだった。気高く美しい獅子の舞に暫しこの世の憂さを忘れた。

     最後にどうしても付け加えて置かなければならないことがある。それは山村若の演技だけでなく、その演技を支える舞台芸術の卓越性である。静岡の公演の時もそうだったが、今回の舞台でも実に見事に屏風を使っている。傾城の演技が終わって暗転となり、ややあって五枚の屏風の連なりが現れる。さらに照明の効果で後ろの二双は濃淡の墨色の重なりとなる。それは深山幽谷そのものなのだ。このひらめき、この発想は余人には代え難い才能である。
     その上宗家夫人の衣裳に対する抜群のセンスが加わる。頭に桜色の牡丹をつけた白獅子は、桜色の袴に黒地に金の牡丹唐草の打掛を纏っている。袖口と裾は緋色で裏打ちされている。細やかな行き届いた目線が舞台の隅々にまで届いている。そればかりではない。毎年のプログラムの詳細な説明と研究もまた、宗家夫人山村郁子の手によるものである。長年に亘る陰の労力と支えがあってこそ、あの華麗で見事な舞台は紡ぎ出されるのである。常に謙遜で熱心なお二人に敬意を表したいと思う。                 (敬称略)

    スポンサーサイト

    • 2016.05.18 Wednesday
    • 04:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      おかしいくらい褒めてあったし(宗家は素晴らしいと思ったよ)他はそうかな?と思ったものもあるし〜
      でも素直な意見だったらそれはそうかなと思わないといけないかな〜
      • ピノコ
      • 2012/05/24 5:45 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      twitter

      月草舎からのお知らせ

      ★「惟」6号を発行致しました。購読ご希望の方は下記のメール宛、またはコメント欄に書き込んで下さい。今号より誌代は送料込みで¥700になります。 ☆「惟」は2号から5号まで少し在庫があります。ご購読をご希望の方はこのブログのコメントに記入して下さるか、メールmcshinok@gmail.comにご連絡下さい。誌代は送料込みで¥600です。ご希望の方には創刊号のコピーをお送り致します。 (メールでご連絡致します郵便口座あるいは住所に、振込または代金相当の切手でお願い致します。) ☆月草舎の本☆『風の芍薬(ピオニア)』☆1200 ☆『火の滴』紫野京子詩集 ¥2100 ☆『夢の周辺』紫野京子エッセイ集 ¥2100☆『一行一禮』小林重樹詩集 ¥1000 ☆『言葉の覆の下で』小林重樹詩集 ¥1470  * 委託販売 ☆『遠日点』田口義弘詩集 ☆『リルケ オルフォイスへのソネット』田口義弘 恐れ入りますが、お贈りする際には、いずれも送料を負担して頂きます。

      homepage更新のお知らせ

      ☆12月7日にhomepageのLiterary worksに「惟」創刊号掲載の詩3篇をアップしました。 ☆11月29日にhomepageを更新しました。(Linkの欄の星夜光Intergrated Starlightをクリックすれば開きます。)四行詩に新たに作品を加えました。興味のある方はご覧下さい。 (表紙のENTERから入って目次の紫野京子の頁に行き、更にLiterary worksに進んで下さい。)

      辞書

      ☆〔五大ごだい〕地・水・火・風・空の五つをいう。一切の物質に偏在して、それを構成するもととみて大という。 ☆〔六大ろくだい〕仏教用語で、万物を構成する六つの要素。地・水・火・風・空・識。六界。密教では法身大日如来の象徴とする。 ☆〔識しき〕仏教用語で、対象を識別する心のはたらき。感覚器官を媒介として対象を認識する。六識・八識などに分ける。 ☆〔法身ほっしん〕仏教用語で、永遠なる宇宙の理法そのものとしてとらえられた仏のあり方。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM