スポンサーサイト

  • 2016.05.18 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    モディリアーニと妻ジャンヌの物語展

    • 2007.09.19 Wednesday
    • 23:50
      大阪に出かける用事があって、帰り道に大丸梅田店で開催されている「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」MODIGLIANI ET HEBUTERNE,LE COUPLE TRAGIQUEを見た。展覧会の題名通り、半分以上がジャンヌその人の作品である。そのせいというわけではないが、私のこれまでのモディリアニの作品に対するイメージよりもはるかに明るく、どちらかというとモディリアニの作品展というよりも二人の愛のメルヘン的要素が高いような気がする。ジャンヌがモディリアニの死後に描いた水彩の連作(二人が出会った頃、南仏ニースでの幸せな日々、モディリアニの死、そして自分自身の自死と続く)が一番印象に残った。(〜9月24日まで)

     以前に開催された同じ大丸の神戸店でのサン=テグジュペリの星の王子さま展」や、東京の国立新美術館での「モネ大回顧展」などを見た時も思ったのだが、最近の美術展はこれまでのようなただ作品を陳列するというものとは違い、企画者の意図がかなり強く入ったものになっている。その意欲は必要であるとは思うが、本来もっとも必要であるはずの作品から観覧者へのインパクトが削がれてしまうのではないかという危惧を抱いている。本来、作品を鑑賞するということは、観る者がその作品と静かに深く対峙することなのだと思うのだが、昨今のようにあまりにも企画者の観方を前面に出してしまうと、その流れに沿ってしか作品を見ることができず、見終わった時に感動を覚えることもなくその場から離れる以外にない。それではあまりにも惜しいような気がする。

    スポンサーサイト

    • 2016.05.18 Wednesday
    • 23:50
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
       テレビで『ダヴィデ』の解説を聞いたことがきっかけでミケランジェロに興味を持ち、本書を購入しました。 本の中には作品の写真とその簡単な解説、彼の生涯の大まかな流れなどが掲載されています。(僕も含めて)美術の素人にとっては比較的分かりやすく、読みやすいも
      • さらのblog
      • 2007/09/27 8:46 PM

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      25262728293031
      << August 2019 >>

      twitter

      月草舎からのお知らせ

      ★「惟」6号を発行致しました。購読ご希望の方は下記のメール宛、またはコメント欄に書き込んで下さい。今号より誌代は送料込みで¥700になります。 ☆「惟」は2号から5号まで少し在庫があります。ご購読をご希望の方はこのブログのコメントに記入して下さるか、メールmcshinok@gmail.comにご連絡下さい。誌代は送料込みで¥600です。ご希望の方には創刊号のコピーをお送り致します。 (メールでご連絡致します郵便口座あるいは住所に、振込または代金相当の切手でお願い致します。) ☆月草舎の本☆『風の芍薬(ピオニア)』☆1200 ☆『火の滴』紫野京子詩集 ¥2100 ☆『夢の周辺』紫野京子エッセイ集 ¥2100☆『一行一禮』小林重樹詩集 ¥1000 ☆『言葉の覆の下で』小林重樹詩集 ¥1470  * 委託販売 ☆『遠日点』田口義弘詩集 ☆『リルケ オルフォイスへのソネット』田口義弘 恐れ入りますが、お贈りする際には、いずれも送料を負担して頂きます。

      homepage更新のお知らせ

      ☆12月7日にhomepageのLiterary worksに「惟」創刊号掲載の詩3篇をアップしました。 ☆11月29日にhomepageを更新しました。(Linkの欄の星夜光Intergrated Starlightをクリックすれば開きます。)四行詩に新たに作品を加えました。興味のある方はご覧下さい。 (表紙のENTERから入って目次の紫野京子の頁に行き、更にLiterary worksに進んで下さい。)

      辞書

      ☆〔五大ごだい〕地・水・火・風・空の五つをいう。一切の物質に偏在して、それを構成するもととみて大という。 ☆〔六大ろくだい〕仏教用語で、万物を構成する六つの要素。地・水・火・風・空・識。六界。密教では法身大日如来の象徴とする。 ☆〔識しき〕仏教用語で、対象を識別する心のはたらき。感覚器官を媒介として対象を認識する。六識・八識などに分ける。 ☆〔法身ほっしん〕仏教用語で、永遠なる宇宙の理法そのものとしてとらえられた仏のあり方。

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recent trackback

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM